菱形パーゴラ

「こんなパーゴラを作ってください」。Kさん自ら考えたというデザインを渡され、しばし考え込んでしまった。それは二人用ベンチが入るほどの小さなパーゴラ。ここまでは普通なのですが私の脳を混乱させたのは柱の位置です。パーゴラの形状は上から見ると四つの角が等しい長方形が一般的です。ところがKさんのデザインは菱形になっている。
この通りに作れといわれれば作れないことはないけれど、前後の柱がずれている菱形という前代未聞な発想にこちらは心の整理が付かないのである。
d0153570_1951134.jpg

そもそも「パーゴラ」とは何なんだ、という疑問が湧いた。「ウィキペディア」を見てみると、もともとイタリアでぶどう棚をさした言葉と書いてある。今は、ぶどう以外にバラやつる系植物などを絡ませた日陰棚として、立体的な景観を楽しむのが主な目的のようです。
特にお庭になければ困るというものではないですが、お庭に変化をつける、生活を楽しむという意味ではお勧めですね。具体的には美しい若奥様のKさんがパーゴラの下で読書なんぞいたす姿は絵になります。ちなみに私がパーゴラの下でホッピーを飲む姿は景観を壊します。

菱形パーゴラに一工夫してみようと、前面と後ろの頬杖のデザインをそれぞれ変えてみました。で、左右斜めから眺めてみると頬杖の形状がより分かり、それぞれが微妙に主張しているように見えます。これもまた面白いかもしれません。
d0153570_1952530.jpg

d0153570_19562328.jpg
素人の発想の強みは自由奔放で非現実的なところ。逆にプロは論理的経験が固定観念に陥りやすいという弱点がある。このように時によって素人さんの無垢で素朴な声が「目から鱗が落ちる」こともあるのです。・・・時によってですよ。

# by maplequest | 2012-05-25 19:57 | パーゴラ  

花とタマネギ

海辺の町・白子のイメージは「テニス村」「たまねぎ畑」といったところ。これといってとりえのない田舎町の裏道を走っていたら突然鮮やかなピンクの花畑が飛び込んできた。
d0153570_14533190.jpg

向こうには水田が広がり、なんとものどかな田園風景。さっそくシャッターに収めたのですが、実はこの花畑は知り合いのNさんの土地です。道を挟んで向かい側に広~い、広~い古民家風の立派なご自宅と手入れのよく行き届いた広~い、広~い和風庭園がある。門から玄関まで60~70mくらいか。(ご自宅の写真を載せたいのですが、個人情報保護につきあしからず)
ちなみにわが家は門から玄関まで4歩。
この場からNさんに電話をして花の名前を聞いてみると、返ってきた答えは「わかんねぇ」。
なんでもこちらの地区会の有志が毎年、種から苗作りをし、この花を植え育てているのだとか。Nさんは無償で土地を提供しているだけなのですって。ほかにも田畑や休耕地もたくさん持っているから、花畑程度の土地なんてなんとも思わないのでしょう。
d0153570_145655.jpg

この花、たぶん芝桜だと思うのですけど、分かる方いらっしゃいます?

花とは関係ありませんが、白子はちょうどタマネギの収穫が終ったところ。農家の方が網ネットに入れたタマネギを山のように積んで道端で売っている。先週は「10㎏千円」の看板を見かけたが、今日は800円に下がっていたぞ。
d0153570_1513227.jpgd0153570_1522823.jpg












土地も財産も、地位も名誉もない一般庶民にはありがたい価格です。とりあえず新鮮なタマネギサラダでもつくって、缶ビールで一杯やりますか。

# by maplequest | 2012-05-14 15:17 | 花・緑  

good-bye 亀太郎

自宅前の幅1mほどの農業用水路で立小便。(田舎では軽犯罪にならないのだ!)と、水中でコンクリート壁にへばりついている小さな物体を発見。よーく見るとカメである。網ですくって掌にのせてみると3センチくらいのかわいいヤツ。
用水路でザリガニやカニをみたことはあるが、カメははじめて。親亀がここに生息して産卵したのだろうか。顔が鶴太郎に似ていたので即座に「亀太郎」と命名。ペットボトルの底を切り抜いてしばしここで亀太郎を観察することにした。餌は何を食べるのか。ミミズは亀太郎には食いきれないし・・・とりあえずかつお節の粉を水面にパラパラと撒いたのだが食べた様子がない。
d0153570_1331629.jpg

d0153570_134465.jpg3日目、ペットボトルに入れた小石の上でじっとしているだけだった亀太郎が急に活動的になる。透明な壁に鼻をこすり付けてじっと外界を眺める時間が増えたのだ。こんなに長かったのかと思うほど首を伸ばして壁をよじ登ろうとする。しかしツルリと滑り落ちてしまう。そんな仕草がかわいそうになり、本日、用水路に返してあげた。Good-bye

# by maplequest | 2012-05-09 13:11 | 癒し  

パーゴラ屋根付きウッドデッキが完成

d0153570_1333210.jpgリュクスウッドは堅木材質なのでビス打ち前の下穴あけに苦労しました。木工用ドリルではたびたび折れてしまい、結局、鉄用ドリルを使用。高速回転で穴あけするとご覧のように白い煙が出てきます。大昔のキリモミ式火おこし道具じゃないけれど、このまま回転し続けたらデッキが燃えてしまう?

穴あけ作業で時間がとられましたが、とにかく完成。一番喜んでくれたのは未完成時から床の上で飛び跳ねていた子供たちのようです。
d0153570_1345147.jpg

d0153570_136419.jpg奥様に気に入られたのはパーゴラ柱の補強も兼ねたお洒落なアイアン飾り。表面のアンティーク風特殊塗装も花マルをいただきました。








d0153570_1365798.jpg奥様のオーダーでポリカーボネート製屋根の下に吊り下げ式木製物干しをつくりました。これで雲行きの怪しい日でも心配なく洗濯物を掛けて外出できます。







d0153570_1381040.jpg全体をウッドでまとめている中、エアコン室外機は目障り。そこで室外機カバーもリュクスウッドで造作。二人座れるのでラブチェアーによし、デッキパーティーの際のサイドテーブルにもよし、ですね。






夏にはビニールプールも予定しているそうです。ポリカ屋根が子供たちを強い日差しから守ってくれるでしょう。
このようにウッドデッキの楽しみ方、利用法はいっぱい。まさに屋外の多目的リビングルームなのです。
d0153570_1385983.jpg


設計・施工 メイプルガーデン

# by maplequest | 2012-05-02 13:20 | ウッドデッキ  

千葉でRラインのウッドデッキ

高圧熱処理木材・リュクスウッドを使ってのパーゴラ屋根付きのウッドデッキづくりが早々に実現した。
お客様は限られた庭スペースの中でできるだけ広いウッドデッキを希望。ところが一つ障害物があります。それは合併浄化槽のマス。そこでマス部分を避けつつ、床部分を曲線で膨らませてボリュームアップしてみました。
d0153570_1946524.jpg

一般的に曲線デッキは施工業者に敬遠されがちです。それは、下地づくりがめんどうであり、材料に無駄が生じるから。弊社のデッキには曲線を多用したデザインが多い。つまりこれまでのノウハウがあるので曲線デッキ工事はそれほどの苦ではありません。
完成してみると曲線ラインは庭全体にやわらかな雰囲気をかもし出してくれるのです。
d0153570_19464531.jpg
d0153570_194738100.jpg

# by maplequest | 2012-04-27 19:52 | ウッドデッキ